香港でマルチリンガル育児

「日本語が綺麗な」マルチリンガルを育てるブログ


生まれも育ちも日本の香港マニアが二児の母になり、
ヒーヒー言いながら子育てをしているブログ。
表向き「マルチリンガル 」を育てていますが、
テキトーな性格でなんとか生きています。

白花油
紫花油
福仔
均隆
心を落ち着かせる曲 香港 病院
24時間 香港 病院 救急外来
子宮頸がん検診 香港 病院
香港 病院比較 公立 私立 クリニック

香港のデモについて。私が思うこと

香港、今大変な状況ですね。

正直、香港のテレビは見ないので、デモが起きていることは当日の夜に知りました。

これはちょっと、大きなデモだな。

 

私は政治に興味があります。だからこそ、興味がないです。

 

政治のことを考えていても、いいことが全くないから。辛くなる、疲れるだけ。

命をかけるほどのことではないと思っている。

自分が変えられるものだと思っていない。

 

愛する香港の変化、何化しようとも、今まで散々変化してきた香港を見ているしかできない。

私はどの立場でもどの派でも何でもなく、ただ無で、ただ日本人であるだけ。

外人だからというわけでもない。

市民権を得て、現地校に子供を入れているのだから、教育が変化していけば他人事ではない。

だけど、もし香港が住みにくいのであれば、住み替えればいいのだ。

 

子供達も、何も香港に留まることはないと思っている。

それが香港なのでは?

住みやすい場所を転々とする、そんな生き方をするのが、私たち日本人にしにくいことなのでは?

不都合があれば、住み替えて、お気に入りの場所を探せばいい。

私は今、世界で一番香港が好きだし、昔の香港を懐かしむこともある。 

monmishe.hatenablog.com

だけど、また言うが、何化しても香港は香港な気がする。

変わりゆく香港であり続けるだけだと思う。

私は香港の為に何もできないし、香港にこだわってもいない。

今は、ただ好きだからいるけれど、住みにくくなれば、喜んでどこかへ移動する頭はある。

 

そして、民主化を訴える女性が日本で演説をしたこと。

「日本の皆さんも考えろ」と日本を同じ土俵に置いて訴えているけど、

悪いけど、思ってしまった。

日本は、あなたを消費するだけで、きっと民主主義についてなんて考えないよ。

日本がどんな国かわかっていないし、そもそも、民主化運動の為に来た?とさえ思ってしまう。

headlines.yahoo.co.jp

こういったニュースが然り。

ちょっと、フェミニズムについても最近つらつら考えているので、それもまとめている最中です。

 

日本が今回心に残ったことって、恐らく↑こういうことでしかない。

 

今回のデモは、傍観しているより、さらに上の位置から見ている気がする。

より大きく自分や自分の家族に関わることだからこそ、どうなるのかなって思う。

香港は、どうなってしまうのか、という不安はこの雰囲気に感じるが「香港が想像できない場所になる」ということが、過激な言動を目にしても、いまいちピンと来ないのである。

 

これからどうなるのでしょうね〜

変わらず香港を好きでいるとは思うけど。