香港でマルチリンガル育児

「日本語が綺麗な」マルチリンガルを育てるブログ


生まれも育ちも日本の香港マニアが二児の母になり、
ヒーヒー言いながら子育てをしているブログ。
表向き「マルチリンガル 」を育てていますが、
テキトーな性格でなんとか生きています。

白花油
紫花油
福仔
均隆
心を落ち着かせる曲 香港 病院
24時間 香港 病院 救急外来
子宮頸がん検診 香港 病院
香港 病院比較 公立 私立 クリニック

息子のこと

息子、2歳で心臓の穴が自然封鎖しました!心室中隔欠損で生まれ

心室中隔欠損の息子。 2歳になり、心臓の穴が自然封鎖しました! 珍しくない先天性心疾患だったのですが、90%は1歳で封鎖すると聞かされました。 経過観察する中で、2歳を過ぎても塞がらず。 ただ、何度かブログにも書いていましたが、日本ではいつ検診…

息子が2歳になりました

息子が2歳に 息子は香港の公立病院で出産をしました。その時の気持ちは、ブログを見ると思い出すことができます。色々と記録してきてよかったなと思います。大体思い出って美化されたり、悪いことは忘れていたりするので、日記って貴重ですね。 monmishe.hat…

息子、これは私が言語サポート要ですわよ。

最近思ってしまった。 一歳半の息子はとても標準的に育っている。 男の子だから、言葉も遅いかもしれないし、娘よりおっとりタイプで鈍臭いのではないかと思っている。 3月生まれだから、こちらでは遅生まれで大きい方になる。 娘は2歳10ヶ月入園で、ほぼナ…

息子の一歳半の記録

先日、息子の心臓の検診に行きました。 雑音はほとんど聞こえなくなっているらしいです。日本の4ヶ月検診で、既に「雑音なんて聞こえない!」と言われた息子ですが、香港ではやはり少し聞こえるとのことで、経過観察をしています。 monmishe.hatenablog.com …

心室中隔欠損症の息子が手術なしで元気に一歳を迎えました!

穴そのまま手術なしで元気に1歳になりました 心室中隔欠損の息子、心臓に空いた穴はそのまま手術はせず経過観察をしています。昨日は息子の心臓のフォローアップ検診でした。息子が生まれた公立病院で、4、5ヶ月に一回検診をしてもらっています。 結果としは…

「男の子は育てにくいという風潮」に流されて不安になる私

男児を育てる恐怖、生い立ちに大きく関わっている 私には、3歳の娘と10ヶ月の息子がいますが、娘を妊娠した時は特に「女の子」にこだわっていました。お腹にいる時は女の子な気もしたし、夫も女の子希望でした。名前も結婚前から二人で決めていました。妊娠6…

息子の10ヶ月検診に行ってきました

生後翌日に心雑音を指摘され、心室中隔欠損の診断をされた息子。手術なしで経過良好。穴は5mmから2mmと診断されました。元気に育っています!

息子の先天性心疾患、心室中隔欠損症(VSD)について

心室中隔欠損、穴が空いている意味とは?新生児で心臓に雑音を指摘されました。2019年3月に手術なしで元気に1歳を迎えました。丸々太って経過良好です。穴は5mmから2mmまで小さくなりました。自然に塞がることを願っています。

【解説】香港産まれの息子の出生届提出!英語名も!出生登記所と日本領事館へ

香港生まれの息子の出生届を提出頑張って香港で産んだ醍醐味!は現地で出生届提出もその一つ。これから香港で暮らす場合、要所要所で提出を求められる出生証明。日本の戸籍取り寄せて領事館で発行、という手続きを取らなくて済むのでとても楽になりそうです…

息子3人をエリートに!アグネスチャンの本「スタンフォード大に〜」を読んで

三兄弟を育て上げるだけでも凄いのに息子3人共スタンフォード大学に入れたアグネスチャン。真摯に向き合う姿勢は勉強になることばかり。男児を育てる参考書。「スタンフォード大にに三人の息子を合格させた50の教育法」の本を読んだ考察。