香港でマルチリンガル育児

「日本語が綺麗な」マルチリンガルを育てるブログ


生まれも育ちも日本の香港マニアが二児の母になり、
ヒーヒー言いながら子育てをしているブログ。
表向き「マルチリンガル 」を育てていますが、
テキトーな性格でなんとか生きています。

白花油
紫花油
福仔
均隆
心を落ち着かせる曲 香港 病院
24時間 香港 病院 救急外来
子宮頸がん検診 香港 病院
香港 病院比較 公立 私立 クリニック

香港IDで政府の子宮頸癌検診をしました!予約方法と流れ

香港 子宮頸がん 検診

今回政府の子宮頸がん検診に行って来ました。産前検診をした母嬰健康院で検査しました。

先日胃腸炎になってから改めて健康の大切さを痛感、と同時に私は婦人科系患ったし日本にいたらしばらくは3ヶ月ごとの検診が必要な身体なので、娘を幼稚園に送った後に母嬰健康院に行ってきました!

monmishe.hatenablog.com

香港政府の子宮頸がん検診プログラム

香港IDがあれば、100ドル、なくても205ドルで検査ができますよ。

  1. 電話でアポイント
  2. 希望した健康院で検査
  3. 問題があれば2、3週間以内に通知
  4. 正常であれば3ヶ月以内にレターが来る

まずは電話でアポイントを、ということで紙をもらって電話しました。

 

Cervical Screening Programme in Hong Kong

 

電話は自動音声で、広東語、英語、中国語から選ぶことができます。

予約用24時間ホットライン

こちらに詳しい流れが書いてあります。

www.fhs.gov.hk

政府の検診は混んでいるのだろうなーと思ったら、一番早くて次の週!驚いたのが、前日に確認の電話も来るのですが、それも自動音声!そういう作業をシステム化してしまうのはいいですね。早速月曜日に行ってきました。子供二人連れで!!

まず、健康院でIDを渡して100ドル。

二人とも寝ていたので、とりあえず移動中や問診中は楽でした。子供がいるから・・・とかで先延ばしにできないので、もう二人連れて行ったんです。娘はベビーカーに寝せられる。息子は抱っこしたままいけるんじゃない笑?と

それで二人連れて入ったら、保健師さんは案の定「子ども連れて来たの!」

でも、とっても優しい保健師さんです。

「誰も見てくれる人がいなくて〜」と言ったら、OKOKと。

 まずは問診。

香港政府の子宮頸癌検診は3年に一度

香港の政府の子宮頸がん検診計画の基準は、身体に異常がなければ3年に一度。日本だと、毎年、もしくは半年とかも普通に聞くので、え??3年に一度って、そんなに開いてしまっていいの??と思いました。保健師さんが言うには、プライベートクリニックは1年に一度、なぜなら費用が発生するしね。でも政府のは3年に一度なの。と。

私は過去に日本で3回検査しています。むしろ、婦人科行くともうついでにやりますよね?どちらにしろ今回はやって行く!と言いました。

息子を抱っこしたまま診察台へ。

私、内診苦手なんですよ・・・。でも、全然痛くなかった。むしろ、息子を抱っこしたままで、背中がつって痛かったです涙

政府のものは、どんどん利用しましょう

私は子供の健診以外にも、こういうのを有効活用しています。有り難いです。香港ID万歳笑!

2週間以内に連絡が来ないといいけど・・・。

monmishe.hatenablog.com