香港でマルチリンガル育児

「日本語が綺麗な」マルチリンガルを育てるブログ


生まれも育ちも日本の香港マニアが二児の母になり、
ヒーヒー言いながら子育てをしているブログ。
表向き「マルチリンガル 」を育てていますが、
テキトーな性格でなんとか生きています。

白花油
紫花油
福仔
均隆
心を落ち着かせる曲 香港 病院
24時間 香港 病院 救急外来
子宮頸がん検診 香港 病院
香港 病院比較 公立 私立 クリニック

何事にも一生懸命に。そして立ち上がれ

子どもに求めるものは「心の強さ」のみと言っている私ですが、その理由は私が弱いから。

 

怖がりだけど、刺激を好み求めていまに至る。

気付いた時にはいつも「え!私何に足を踏み入れちゃってるの??」状態で後戻りができなくなっている。

 

それでも夢を追いかけたくて、行動して挑戦して行動して行動して行動しているけれど、何も実らないことも多い。

自分に暗示をかけるように、慰めるように「いまは種まき」「いまは芽が出た」とか言っているのだけど、結局はまだ自分の目標には程遠くてそんなことを言っている。

確かな慰めだ。

 

 

 

私が選択をする基準はいつも

"死ぬ前に数年穏やかな時間があったとして、その時に26歳のあの時にあそこに挑戦していたら・・・、34歳の私は、なぜ守りに入ったのだろう?なぜ安全を選んだのだろう?"

と思いたくないこと。

 

だから、いつも選択する時は

「ご臨終前の自分がどう思うか」が指標。

 

失敗や不安はそこで消えてしまうのだ。

 

死ぬ前に

「私って無謀だったよね〜。でも死ぬことより"お終い"はないわ。結局なんともならなかったけど、あの時あの選択をして面白い人生だった。」

と思いたい。

 

体制とか格好とかは気にならなくなる。

 

生きるって、カッコ悪いことなんだと思う。

 

思い出した時に、あんなこと〜こんなこと〜あったけど、面白かったよね〜

って思い出だけで楽しみたいのだ。

 

誰も相手にしてくれなかった時でも、楽しいじゃない。

 

 

私は達観しててたり、悟りを開いているような人間には魅力を感じない。

すごいなとは思うけど、

 

もがいて、苦しんで、でも隙間に光を見出すような一生懸命な人間が大好きだ。

 

生きることに、器用さは必要ないのだ。

 

何時でも一生懸命にぶつかり、ダメで落ちても這い上がる。

そう、這い上がる力が大事なだけ。

 

安全を見て、リスクマネジメントなんてしないで。

 

これだと思ったことには100%しかないよ。

伝わるから。

 

それでもダメだったら、そりゃ落ち込むよ。

落ち込んで当然なんだから。

自然なこと。

 

美しいこと。

 

それでも立ち上がる。

 

前を向く。

 

そうしたら、またもっといいことに出会える。