香港でマルチリンガル育児

「日本語が綺麗な」マルチリンガルを育てるブログ


生まれも育ちも日本の香港マニアが二児の母になり、
ヒーヒー言いながら子育てをしているブログ。
表向き「マルチリンガル 」を育てていますが、
テキトーな性格でなんとか生きています。

白花油
紫花油
福仔
均隆
心を落ち着かせる曲 香港 病院
24時間 香港 病院 救急外来
子宮頸がん検診 香港 病院
香港 病院比較 公立 私立 クリニック

もうすぐ学校がはじまりますね。近況

InstagramTwitterもやっていますが、インスタだとなんとなーく映えを意識しないといけなかったり、Twitterだとなんだか一人で愚痴っている感が出るしSNSの使い方が難しいと感じていなくもないマリーです。

 

SNS疲れはしないように、なるべくフラットに見れるように意識はしているのですが、映えを私は全く意識していないけどもインスタは公開している以上、誰も見ていないよね?という投稿はやはり違うと思うし。それなりに見る人に気を使います。

Twitterはどちらかというともっと楽なのですが、やはり人が嫌な気持ちになっていないかな?というのは考えて投稿しています。

 

だからこそ、長文を書けるブログは一番ほっとする場所です。

 

コメントをくださる方も、インスタよりもTwitterよりもより近い感じがして好きです。

インスタはキラキラしたコメントをいただけるし笑、Twitterはより素を感じるコメントをいただけますが、ブログが一番共感します。

 

今回もコメントをくださったので返信のつもりもあって今日の日記を書いています。

(コメントは非公開ですのでどうぞご安心ください)

 

4月に入って、香港ローカルスクールP1の娘は日本でも一年生になりました。

幼稚園の頃は細かく日記を書いていましたが、デモやコロナ後から自分と子どもたちのメンタルを優先しました。

 

デモ時は正直生きていればいい、明るく笑えればいいと思って過ごしました。

コロナの時もあまり愚痴愚痴言わずに前向きに過ごしました。

 

去年、娘がローカルスクールに入ってからここが私の正念場。

死にたいとさえ思って、母にヘルプを泣きながら電話すると介護中の祖母を預けても来てくれるとなってそのように動いてくれました。

 

介護中の母がまさか来てくれるとは思っていなかったのだが、90過ぎたボケた祖母より娘を優先してくれた母、ありがとう笑

 

オミクロンが発生してから予約していた隔離ホテルもチケットもキャンセルになり、数ヶ月。

実は母も介護で体がボロボロだったようで結果的に手配していた施設に入所して母は「娘に救われた」と言っていました。

母は来れませんでしたが、結果的に学校が停止になったのもあり私はまた穏やかな生活を取り戻しました。

 

元気になりました。

 

また学校が始まるのはトラウマで少し怖いのですがね汗

 

娘は平気なのですが、私は本当に弱いですね〜笑

まぁ海外10年目とか信じられないですよね。

適応能力低いくせに刺激を求めるめんどい性格です。

 

 

 

マリー