香港でマルチリンガル育児

「日本語が綺麗な」マルチリンガルを育てるブログ


生まれも育ちも日本の香港マニアが二児の母になり、
ヒーヒー言いながら子育てをしているブログ。
表向き「マルチリンガル 」を育てていますが、
テキトーな性格でなんとか生きています。

白花油
紫花油
福仔
均隆
心を落ち着かせる曲 香港 病院
24時間 香港 病院 救急外来
子宮頸がん検診 香港 病院
香港 病院比較 公立 私立 クリニック

2019年の総括

大体毎年している2019年の総括。

今年もしてみたいと思います。

2019年 総括

ブログを楽しんだ一年

ブログでいうと今年は大分方向性の見えてきた年でした。マルチリンガルを育てるフツーの育児ブログでしたが、様々な方向からお声がけいただいて「あ、誰か読んでいるんだ」から「誰かの役に立っているんだ」と知り始めました。病院系の自分の経験は特に、他の方が方法を知ることができるかもしれないと、慎重に丁寧に改良しながら更新してきました。

日本人の方、国際結婚をされている方、お子さんを多言語で育てていらっしゃる方、ローカルスクールに入れている方、同じ境遇の方々もいらっしゃるのだと思いました。私自身は大勢でワーワーやることは苦手、というかあまり好きではなく、小さい枠でより深い話をしていく方が好みです。

会ってみたいとおっしゃってくださった方、また実際にお会いした方もいらっしゃってとても嬉しかったです。本当にありがとうございました。

時にめちゃめちゃ育児疲れを吐露している私ですが、それが自分のスタイルだと思っています。来年も実況中継型で更新し、誰かのお役に立てられるような情報のものは丁寧な記事を書いて行きたいと思います。コメントも喜びますのでこれからもブログで是非交流をしていきたいです。興味を持ってくださっている方は是非香港マニア友や多言語育児ママ友として交流してみたいとも思っていますので、よろしくお願いいたします。

尚、実際のお友達にはあまりバレていないのが現状です笑 私も自分からは言いませんし。ブログでは育児のお話はしても、誰々と遊んだ、何を話した等、近いお友達の話はしないことを心掛けています。お友達の方はご安心ください。引き続きよろしくお願いいたします。

厄年がやっと終わる

後厄もやっと終わりです。20台の頃から、年上の友人から厄年の過ごし方をアドバイスされてきました。「ホントにみんな厄年に何か起きてるよ。自分じゃなくても家族とかにもね」という言葉がずっと頭には残っていて、半信半疑で大厄を迎えました。満33歳だった年は、義実家が結構有名な厄払いの川崎大師で厄払いをしてくれました。有り難かったです。

妊娠出産もあり、出産は厄払いになるとも聞きますが、私は大病をしましたしね〜。やっぱり厄年は人間弱くなるもんなんだな、と実感。それと同時に、あまり動かない方がいいともいうので、仕事の面でもほとんど動かずにいました。後厄であった今年、少し動き前進をしました。2020年の準備ができたことは確実です。それを来年にどう生かすかは自分次第!頑張りたいと思います。

子育て

子育てっていつもあまり前のことは覚えていないものですよね。娘が3歳ですごく楽にはなり、息子はとても育てやすくて、でも海外で頼る人がいない中、なんとか夫婦で乗り切りました。娘は4歳になり、息子は来年2歳を迎えます。息子は自我が芽生えてきてだんだん大変になってきました。娘は割と自己主張が強く、燗も強くて大変だったと思うのですが、それすら覚えていない・・・。それが当たり前だと思っていたんだろうな。離乳も遅くて、夜泣きも結構長かったのに。息子は新生児から育てやすくて10ヶ月から一切夜泣きはせず、それが当たり前に育ててきました。だからか、自己主張が出はじめた途端に、この子大変なんだけど!みたいな気持ちになってしまっている。でも、なんか息子は赤ちゃん感強いな〜。本当に可愛い笑

それとこれは反省点なのだけど、娘と息子を比べてしまう癖をやめたい。息子を見ていると、息子の発達は標準なのだが、娘がいかに早かったかを思い知らされます。娘は、もうこの息子の月齢で幼稚園を受験したんです。赤ちゃん感なんてもうなかったし、言葉も結構話せたし、好きな方向へ歩いて行っちゃうなんてなかったような。。それも忘れちゃったのかな?とにかく息子は普通。娘は本当によくできることがたくさんあるなと。

それを比べないようにせねば!

娘には娘の良さがある息子には息子の良さがある、と個人個人をちゃんと見て認めて、伸ばすことを頑張りたいと思います。これは自分の肝に銘じる。やらねば。

 

無事年末に体に悪いところは一つもないということもわかったので、安心して香港へ帰ろうと思います。

2020年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

 

マリー