香港でマルチリンガル育児

「日本語が綺麗な」マルチリンガルを育てるブログ


生まれも育ちも日本の香港マニアが二児の母になり、
ヒーヒー言いながら子育てをしているブログ。
表向き「マルチリンガル 」を育てていますが、
テキトーな性格でなんとか生きています。

白花油
紫花油
福仔
均隆
心を落ち着かせる曲 香港 病院
24時間 香港 病院 救急外来
子宮頸がん検診 香港 病院
香港 病院比較 公立 私立 クリニック

K2は平和にスタートしています

K2に上がるのをとても楽しみにしていた娘。

前日もパパに

娘「○ちゃんね〜、明日K2になるんだぁ〜♩」

パパ「あ〜そうなの〜♡おめでとぉ〜♡」

 

娘「K2になったら、ミス○○もいる〜?」と辞めた担任のことを話したり、片っ端からお友達の名前も挙げて「くるかな〜^o^?」と言っていました。

幼稚園は、先生が総取っ替えしたくらいの勢いで変わり、K3が卒業し、K1が入ってきたのでなんかすんごく雰囲気が変わりました。

私は基本的に良い面しか見ていなくて、プラスに考えて常に感謝しているので良いことしか目につかないんだけど。

ネイティブの先生が、娘が慣れた先生を一人残して二人は変わりました。以前いたネイティブの先生に娘が苦手な先生がいて、その人が辞めたから内心ホットしています。

その娘が苦手な先生というのは、顔はアジア、香港人なのかな?で英語だけ話す先生。発音からも、多分海外とかで育った香港人とかなのかな?その先生がなんだか苦手だったんですよね。

でも、先生も娘ばっかりなんか対応が違うのが、少し気になっていた。むしろ、私の思い込みと思いたいものだったので、これは思い込みとして忘れよう。娘に冷たいとかではなくて、娘に少し構い過ぎみたいな。うん。忘れよう。

 

K2からガラッと変わるのかと思ったけど、今の所フツーに登園しています。

お友達とも会えて嬉しそう。

そんなに宿題のレベルが上がった感じもしません。

だけど、もっともっと言葉のフォローしなきゃなぁ。

 

考えないと。

夫ももっと普通話教えないと。

これは、私主導で行かないとダメなんだろうな。

 

しっかりしますね。

 

でも、連日深夜1時まで仕事をしていてほんとキツイ。

在宅ワークママで、ヘルプなしだと本当にギリギリ〜〜〜〜

 

マリー