香港のローカル幼稚園で日本語が綺麗なマルチリンガルを育てる!

香港で日本語が綺麗なマルチリンガルを育てる!

香港在住。2歳♀と0歳♂の30代ママ。卵巣癌サバイバー。ローカルスクールでマルチリンガル(日本語・英語・中国語・広東語)の子育て奮闘記。

癌て聞くと、周りがどんな反応をするか

癌。

卵巣癌。


はい。

なってみてはじめてわかったことがあります。

みんな、、、


癌て聞くと、





「死」に直結する!!!




うん。

わかります。

私だってそう思う。



ああ・・・・・・・
そうなんだ涙

って



あとどれくらい、この人には残されているのかな・・・
って。



今回私も色々調べたんですけど、

癌にもタイプがある。

あとは、いつ見つかったかが重要。



確かに、進行性のものや、
発見が遅いものはちょっと厳しい。



だけど、早ければ早いほど大丈夫。


あとはその癌の顔つき?タイプ?かな



だから早期発見が本当に大事。



みんないつかなるから。


それくらい珍しくないですよ。


癌は、炎症している部分からなるってすっごく納得する。


私の犬も癌で亡くなったのだけど、

胃腸系のリンパ腫だった。


愛犬はお腹が弱い子で、何かあるとすぐお腹を壊していた。

だから、やはり腸に大きな腫瘍ができて亡くなった。



私は、卵巣嚢腫が二回もできた。



そりゃ、二回もできれば病変が見つかるに決まっている。



そんな感じで、自分の弱点と向き合うことが本当に大事です。



胃が弱いなら、胃の検査は定期的に。

もし排卵を誘発する薬を使っていたら、絶対卵巣には気を付けた方がいいとか。



あと、癌は食事療法がよく効くんです。



白米は癌のエサっていうので、
もう白米は食べなくなりました。


お寿司は好きなので、お寿司を食べるときだけは白米を
いただくことにしていますが。

また食事のことも書きます。