香港でマルチリンガル育児

「日本語が綺麗な」マルチリンガルを育てるブログ


生まれも育ちも日本の香港マニアが二児の母になり、
ヒーヒー言いながら子育てをしているブログ。
表向き「マルチリンガル 」を育てていますが、
テキトーな性格でなんとか生きています。

白花油
紫花油
福仔
均隆
心を落ち着かせる曲 香港 病院
24時間 香港 病院 救急外来
子宮頸がん検診 香港 病院
香港 病院比較 公立 私立 クリニック

最近の娘の言葉の進歩が凄い

幼児を育てていると、もう1週間前の子供は今日の子供より幼い、という感じで日々成長していきますよね。

ここでまた、娘の言語の発達が目に見えてスピードアップしています。

発音が綺麗

普通に幼児として言語を習得しているのだろうから、発音が綺麗という表現はおかしいかもしれないのですが。普通話は、本当に上手くて反り舌は完璧。広東語は特有の母音の発音をちゃんとしているし、英語はアメリカ英語です。英語の先生は主に、アメリカ人の黒人の先生です。以前、私が悩んでいた先生を怖がることはもうなくなりました。

先生のアメリカ英語をそのまんま習得していますね。発音が同じだもの。

歌をよく歌うようになった

娘は歌が大好きで、一歳の頃からよく歌を歌っていました。最近は、中国語でも英語でも歌います。雨が降れば「Rain rain goaway come again another day~」と自然に歌い出す。Nursery rhythmはいくつも歌えます。

フォニックス(Phonics)マスター

娘をフォニックスマスターと呼ぼうかしら笑

フォニックスを聞くのも好きだし、例えばアルファベットの「X」を見ると「éks」というのではなく、自然と口をついて「ks, ks, Fox」のようにフォニックス式で言います。発音方法を知っているから、英単語も読めます。毎日アルファベットを言いながら「Wはね〜ウォッウォッだよ〜」みたいに幼稚園で習ったことを家で言っています。

monmishe.hatenablog.com

ほ〜んとフォニックスさまさま〜!!こんな効果のあるものはないわ。英語圏の子供たちがやっているのもわかる。これは日本の小学校の英語教育でも是非是非取り入れて欲しい。

今どんどん吸収させてあげよう

毎日幼稚園の帰りに、先に走って行き振り返り「過嚟呀(おいで)」と「Come here〜」と(とても綺麗な発音で)言うのが本人流行っています笑。毎日のようにお友達とチンチン電車に乗って帰ってくるのですが、最近はお友達に「講乜嘢(何言ってるの〜?)」とか言っていました。電車で奥の席に座った時は「唔該借借(どいでください)」と言っていて驚き!

おままごとも英語でやりたがり「ママ!○○は英語で何て言うの〜?」聞いて来たり。どんどん覚えていくので、ママもどんどんフォローしなければ!

言葉の爆発期に乗ったかな?