香港でマルチリンガル育児

「日本語が綺麗な」マルチリンガルを育てるブログ


生まれも育ちも日本の香港マニアが二児の母になり、
ヒーヒー言いながら子育てをしているブログ。
表向き「マルチリンガル 」を育てていますが、
テキトーな性格でなんとか生きています。

白花油
紫花油
福仔
均隆
心を落ち着かせる曲 香港 病院
24時間 香港 病院 救急外来
子宮頸がん検診 香港 病院
香港 病院比較 公立 私立 クリニック

娘の英語、夏の計画

娘の英語は、だいぶセンテンスを使って話してくれるようになりました。

最初は単語を覚えていって、次に二言分でと成長過程を見てきたはずなのに、他の言語の習得を「まだ単語だけ?文で喋ってよ!」と思ってしまう私。

バイリンガルの専門家ではないから、当たり前なんだけど、方法がわからないから娘の特性を見ながら試行錯誤するばかり。

絵本を読み始めたと同時に、

monmishe.hatenablog.com

この文を頻繁に使ってみよう!というのを自分で決めることにしました。

やっぱり生活として使っていくのが一番身につくだろうなと。

Which one do you like?

を頻繁に使っていたら、娘も私に聞いてくるようになった。

りんごジュースが欲しい時とかは

Can you get me apple juice please?

と言わせるようにしたら、楽しい時に使っているから喜んで言います。

Can you get me ヤクルト please? とか。

I'm thirsty. I'm hungry.

もよく言います。

 

昨日は「ママ〜信号は英語でTriffic lightって言うんだよ〜。Red light Green lightだよ〜」とか。

「中国語では紅灯、緑灯って言うんだよ〜」とも言っていました。

 

最近は、発音を直されたりします笑

 

中国語の発音は、すごく綺麗!!

中国語は後から勉強しても習得できない人もいるくらい難しいので、本当に嬉しい。

これは娘にとても大きくプラスになると思う。

 

カタカナなどの先入観がない幼児は、やはり言語の習得にはとてもいい。

スペルとかも頭に入っていないわけだから、ネイティブの先生が発音したまま発音しますからね。

 

私が今迷っているのは、夏休みをどう過ごすか。

 

夏の英語スクールも検討しています。

日本にも帰ろうかという思いがうっすらとありますが、暑いしなーーー、言葉が聞けなくなるのキツイなーーーみたいな。

 

特に夏が終わればK2になるし、余計言葉がまだまだだと娘が困るしな〜と。

 

考えないと!