香港でマルチリンガル育児

「日本語が綺麗な」マルチリンガルを育てるブログ


生まれも育ちも日本の香港マニアが二児の母になり、
ヒーヒー言いながら子育てをしているブログ。
表向き「マルチリンガル 」を育てていますが、
テキトーな性格でなんとか生きています。

白花油
紫花油
福仔
均隆
心を落ち着かせる曲 香港 病院
24時間 香港 病院 救急外来
子宮頸がん検診 香港 病院
香港 病院比較 公立 私立 クリニック

やっぱり外国語の習得よりも「母国語」よね

娘の言語で最近悩んでるとまではいかないけれど、注意している私。 

monmishe.hatenablog.com

アウトプットが少ないけど、ゼロではないし、もしかしたらコップに溜まっているかもしれないし、溢れるのを待っているけど、、、、

やっぱり目に見えてわかりやすい「話す」ということがなければ気になりますよね。

今週は「Can you give me___please?」や「How many___do you have?」等に絞って集中して家でやっています。

こうやって、自分でフレーズ決めてやろうかなと。

 

下記記事をさらっと読みました

spring-js.com

やっぱりそうだよね。母国語こそ重要よね。

「母国語重視」をブレずにいたい。

だから、最近は日本語もその都度訂正するようにしています。

幼児は言い間違いや言い回しの違いがありますよね。

それを、日本に暮らしている子は自然と無くなっている、でも、海外で暮らす子はそれがそのままになりがちってありますよね。

それは、子供にとって日本語を話す人が周囲に圧倒的に少ないからだと思います。

親が訂正しなければ、そのままになってしまうんだろうな。

 

「セミリンガル」という言葉を検索していたら「セミリンガル  滝沢カレン」と出てきました。

セミリンガル は基本的に移民の問題なので、タレントのローラさんのような境遇の方をいうのかと思っていました。

monmishe.hatenablog.com

でも「生まれも育ちも日本なのに日本語が苦手」な滝沢カレンさんは、セミリンガル ですよね・・・。

キャラ云々は別として、どうしてそうなったのだろう。

学校は日本、日本の環境に育ってもセミリンガルになるとしたら、やはり、別の問題があるのかな?

 

海外暮らしで子供も「頑張っている」というけど、娘にとったら今の状況が当たり前なのでは?という思いも。

(自分が感傷的になっている時は、娘頑張ってる!可哀想なことしてる?という考えに行っちゃうけど笑)

私は引き続き、母国語をメキメキにさせつつ、外国語をフォローしようか。