香港でマルチリンガル育児

「日本語が綺麗な」マルチリンガルを育てるブログ


生まれも育ちも日本の香港マニアが二児の母になり、
ヒーヒー言いながら子育てをしているブログ。
表向き「マルチリンガル 」を育てていますが、
テキトーな性格でなんとか生きています。

白花油
紫花油
福仔
均隆
心を落ち着かせる曲 香港 病院
24時間 香港 病院 救急外来
子宮頸がん検診 香港 病院
香港 病院比較 公立 私立 クリニック

香港のヘルパーなし二児持ちの主婦の一日

ヘルパー無し二児持ち主婦の生活

一日の流れ


7:20 起床
   朝食
   身支度
8:20 娘幼稚園送迎
9:15 帰宅
   息子朝寝
   洗濯
   テレビやネットを見る
11:30 娘迎え
12:30 寄り道をしながら帰宅
12:40 昼食
     子供と遊ぶ
     並行して掃除•料理
     息子昼寝・娘たまに昼寝
18:00 夕食
19:30 夫帰宅
     家族時間
20:00 お風呂
21:30 子供就寝
22:00 一人時間
(気力があれば前日のうちに洗濯)
1:00   就寝


書き出したら至って普通!!でも、この中に毎日色々あるんですよ。

送迎はだいぶ体も慣れてきました。でもね、息子ももう10kgあるんで、エルゴで疲れる。バスに乗るのでベビーカーの折りたたみは面倒ですし。幼稚園送迎中に息子が寝てしまうこともあり、そのまま下ろして起きるのもなーと思って結局お迎え時までエルゴ装着の日も。

息子は大食いなので、ご飯の時間は30分も過ぎると喚くので、ご飯の時間はきっかりです苦笑。

本当は、幼稚園後にも遊びに連れて行った方がいいのでしょうが、体力的にもねー。

よく午後は一人でぶっ倒れて寝てしまうことも。半寝状態ですよ。この間もね、リビングでぶっ倒れていたら、息子の泣き声が聞こえて飛び起きて助けに行く時に壁の角に腕を強打しまして青あざできました。

この間娘が「今日はお日様が出ていて暖かいね。いいお天気ね。大きい公園でお砂したい。」と言うので、そんなこと言われたら連れて行ってあげたい!行ってきました。

娘は大喜びだったから、やっぱりその笑顔見たいんですよね。

未来の自分のために動く

午前中の内に出汁をとっておけば、どんなに面倒くさくても午後の自分がお味噌汁を作ります。

海外 和食 自炊

お味噌汁があれば、家で食べる気になります。一品作れば、作り置きでも納豆でも足せば立派なごは~ん♪

出汁は色々やってみて、煮干しで落ち着いています。

家事について

好きな家事ベスト3

  1. 料理
  2. 酸素漂白
  3. 毛玉取り

おもちゃや食器を酸素漂白でピカピカにするのが好きです。スッキリして気持ちがいいから笑 毛玉取りも好き。娘の幼稚園の制服が、毛玉ができやすいんです。それを新品のように綺麗にするのが好きです爆!

もはや家事ではない? 

嫌いな家事ベスト3

  1. トイレ掃除
  2. 水回りの掃除
  3. 電化製品のホコリをとること

埃を取るのは終わりが見えないので嫌いです。一生埃をとって生きていますよね。ヤダヤダ。 

夫がやることが多い家事

  1. 食器洗い物
  2. トイレ掃除

持ち物について

ミニマリストに憧れているので、なるべく物を少なくしようと思っています。極端なのは嫌ですけど。大学生の時は、毎日同じバッグを持つのは考えられなかったし、二畳程あったウォークインクローゼットがパンパン!ブランド物も大好き!プチプラの服を着るなんて恥ずかしい人でした。

だけど、年齢が上がるにつれて持ち物を減らし、日本の実家にある私物は病気後に全て整理していまは小箱にまとめてあるくらい。香港は狭いので、なるべくもたない暮らしに変えました。

家族の服も四つの引出しのあるチェストに、それぞれ各々入る分だけしかいらない。衣替えした衣類も、家族ひとりずつケースがあるだけです。

一日中掃除をしている 

私、子供の頃母に「片付けられない女だ」とか当時流行った本のタイトルを言われていました。でも、いまは掃除も整理整頓も大分好きになりましたよー。

一日中掃除してる~!もう子供がいたら仕方ないですけど。

日本の私物整理のススメ

日本の物も整理し、香港で暮らすものも少なくしたら凄く身軽になりました。日本に物があると、それが自分を縛ることってあると思います。それを整理して、小箱くらいにして実家に置いてもらう等すると、自分の本来の居場所はどこかってわかる気がします。

整理のコツは、香港に一緒に移動しようと思わなかったものはいらない。

極端に言えば、お棺に入れてもらいたいくらい思い入れのあるもの以外は不用品

自分が物に執着していたときは、もっと窮屈に生きていた気がします。でも、自分の人生を歩むようになってからは、物に頼らなくなりました。

 

話がだいぶ反れました笑