香港でマルチリンガル育児

「日本語が綺麗な」マルチリンガルを育てるブログ


生まれも育ちも日本の香港マニアが二児の母になり、
ヒーヒー言いながら子育てをしているブログ。
表向き「マルチリンガル 」を育てていますが、
テキトーな性格でなんとか生きています。

白花油
紫花油
福仔
均隆
心を落ち着かせる曲 香港 病院
24時間 香港 病院 救急外来
子宮頸がん検診 香港 病院
香港 病院比較 公立 私立 クリニック

母体に響く!香港では退院数日でまた病院へ行く噂は本当だった

香港 退院検診

産褥期とは?状態

中華圏は日本よりも産褥期への対応が濃いような気がします。

水を触らない=歯を磨かない

くらい聞いていたのですが、、、

退院後、連日病院通い!!!

monmishe.hatenablog.com


入院前の保健所検診で
退院したら次の日かその次の日かに保健所に電話して、
赤ちゃんを見せにきてね!とこと・・・

え~?
噂は本当かぁ~と。

4日で退院後、あまりにも疲労がすごかったので2日後に電話しました。
そうしたら、じゃあ午後来て!とのこと。

私もまだ抜糸もしていないのに、生まれたばかりの赤子を抱え
病院へ。

タクシーで行きましたけど、身体への負担すごい!

生まれてからはじめて母子手帳的なものをもらいました。

香港 母子手帳

香港 母子手帳

病院からもらった各種資料を保健師さんに見せて、
色々記入してもらいます。

ここで、母乳についてすごい色々言われました。

とにかく母乳が一番てことと、母乳指導が必要ならこの時間に来てという資料も。

母乳指導必要?と聞かれたけども、
娘に2年授乳していますので、授乳は得意です!と返答。

でもまだ軌道にのっていないから少し痛いけど・・・と言ったら、
その言葉に過剰に反応され、
痛い?それはやり方の問題かも、
今日授乳指導して行く?

と。

(いや・・・一刻も早く帰らせてくれ!)

こちらもけっこう過剰に拒否しときました。

これからまた抜糸やら黄疸のチェックやらで、
週に2、3日は保健所に行っていました!

母体への負担すごい!!!!