香港でマルチリンガル育児

「日本語が綺麗な」マルチリンガルを育てるブログ


生まれも育ちも日本の香港マニアが二児の母になり、
ヒーヒー言いながら子育てをしているブログ。
表向き「マルチリンガル 」を育てていますが、
テキトーな性格でなんとか生きています。

白花油
紫花油
福仔
均隆
心を落ち着かせる曲 香港 病院
24時間 香港 病院 救急外来
子宮頸がん検診 香港 病院
香港 病院比較 公立 私立 クリニック

香港で妊娠・出産記事一覧|卵巣嚢腫合併|公立病院で帝王切開

 

香港の母嬰健康院で妊婦健診、公立病院で出産した記録です。卵巣嚢腫合併のハイリスク妊婦で公立病院で予定帝王切開を組むのが大変でした。

安全で書いてきなお産で、公立病院には満足しています。

このカテゴリーでわかること

  1. 香港の公立病院での出産
  2. 母嬰健康院での妊婦健診
  3. 卵巣嚢腫合併妊娠について
  4. ハイリスク妊婦の海外出産
  5. 公立病院で予定帝王切開を組むには

筆者の妊娠の特徴

  1. 第二子の出産
  2. 反復帝王切開
  3. 卵巣嚢腫合併妊娠
 

武内由紀子さんがお母さんになられたニュースを見て卵巣嚢腫を考える

お母さんになられて、おめでとうございます。 headlines.yahoo.co.jp 今回はこちらのニュースで気になったことがありました。 養子縁組や不妊治療についてではなく、卵巣嚢腫を患われたということについてです。妊娠前に卵巣嚢腫を手術してからと言われて手…

海外移住の医療費無料の落とし穴と香港の医療の比較ー私が見た現実

海外移住の医療費無料の落とし穴 ツイートで、こんなのを発見しまして、また気になりました。 どうやら、海外医療費無料スバラシイ!って日本は言ってるけど現実は?現状は?国民健康保険料の高さや、30%負担の日本と比べて海外が良いように言われているけど…

【解説】香港産まれの息子の出生届提出!英語名も!出生登記所と日本領事館へ

香港生まれの息子の出生届を提出頑張って香港で産んだ醍醐味!は現地で出生届提出もその一つ。これから香港で暮らす場合、要所要所で提出を求められる出生証明。日本の戸籍取り寄せて領事館で発行、という手続きを取らなくて済むのでとても楽になりそうです…

母体に響く!香港では退院数日でまた病院へ行く噂は本当だった

産褥期とは?状態 中華圏は日本よりも産褥期への対応が濃いような気がします。水を触らない=歯を磨かないくらい聞いていたのですが、、、退院後、連日病院通い!!!monmishe.hatenablog.com 入院前の保健所検診で 退院したら次の日かその次の日かに保健所…

【費用】香港の公立病院で帝王切開!日本の帝王切開との比較

香港での出産で支払った費用 香港の公立病院の入院日数 入院後、院内での説明 帝王切開手術の日(入院2日目) 手術の翌日 入院3日目 入院4日目 気になる手術の考察 香港での出産で支払った費用 母親 555HKD 子供 120HKD 合計 675HKD 1…

産後メンタルの対処法はしっかり寝て頭を空っぽにすること

産後はメンタル落ちます 産後メンタルについて。 「産後うつ」とか聞いたことがありますが、実際はどんなものかわかりませんでした。ただ、生理前とかはこの世の終わりぐらいに落ち込むこともあるし、全く何もない月もあります。夫にイライラしはじめて止ま…

香港の公立病院で帝王切開にて出産!生々しい当日の様子をお届け

香港で出産した当日の流れ 卵巣嚢腫合併反復帝王切開 2015年に出産をした娘の時は日本での予定帝王切開、2018年の今回は香港で反復帝王切開をしました。 monmishe.hatenablog.com 国の認識の違いで予定を組むまでに大変苦労しました。 // 香港で出産した当日…

香港で出産を決断!前日入院していよいよ公立病院で産む

香港での出産を決断し、いよいよ入院!前日の流れと様子。長女のこと。卵巣嚢腫への対応説明。

【海外出産】帝王切開既往妊婦に対する国の認識の違い|香港で反復帝王切開

香港の公立病院で反復帝王切開にて出産反復帝王切開の認識の違いに苦労香港の全ての病院が同じ認識とは限りませんが、少なくとも公立病院の方針は香港の普遍的な医療価値観であるかと思います。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 帝王切…

香港の妊婦検診は無料!母嬰健康院での検診方法|感想と総合評価

香港での妊婦健診について ハイリスク妊婦でありながらの公立病院での出産希望だった私。Vバックが基本という香港で、反復帝王切開を希望していたので、臨月まで病院とだいぶモメました!でも、最初から最後まで、サプリを含めて一切お金はかかりませんでし…

公立病院での帝王切開から生還!無事に第2子が誕生しました!

取り急ぎご報告です!第二子が無事に誕生しました。私も生還いたしました。←大袈裟?笑今回は香港で出産いたしまして、色々怖かったり、色々興味深かったり・・・ 結果としては、公立病院は色々と言われたりしますが、総合的にとても満足し、とても感謝していま…

臨月までもう少し

臨月まであと少しです。 結局、今回は香港で産みます。 (もう飛行機に乗れないし~!笑) 今回も卵巣嚢腫合併妊婦なこともあり、 日本での出産も選択肢にはありました。 monmishe.hatenablog.com ただ、娘の受験もあったり、 香港マニアとして香港で産んで…

二回とも卵巣嚢腫合併妊婦|海外で妊娠、帝王切開

二回とも卵巣嚢腫合併のハイリスク妊婦。1度目の帝王切開で嚢腫摘出ご再発。2度目の帝王切開で境界性悪性の病気検査結果により卵巣、他臓器摘出。卵巣嚢腫について詳しくなりました。

香港領事館の母子手帳は見たことがない大きさとデザイン

日本領事館で母子手帳をもらう! 香港でも母子健康手帳を配布するようになったと聞いていたので、早速もらいに行ってきました♪ 正確にはつわり中なので夫に頼みました汗 娘の母子手帳も、とっても大切にしています。 今回はせっかく香港で生まれる予定なので…

第二子を妊娠!香港で妊娠した時にまずやること。公立病院編

2018年に香港の公立病院で出産しました。最初から最後まで政府系のプログラムのみで出産しました。卵巣嚢腫合弁妊婦、第一子を帝王切開というリスク妊婦でした。 // //

妊娠中にやっと断乳。娘へ、しあわせな時間をありがとう

1歳9ヶ月になった娘、断乳中です。 金曜日の夜から決行しました。 今週末やってしまおう!と急な判断。 娘はおっぱいへの執着が強く、悲しくなったら飲む、甘えたくなったら飲む、暇になったら飲む苦笑、そして睡眠導入には欠かせませんでした。 金曜日、…