香港のローカル幼稚園で日本語が綺麗なマルチリンガルを育てる!

香港で日本語が綺麗なマルチリンガルを育てる!

香港在住。2歳♀と0歳♂の30代ママ。卵巣癌サバイバー。ローカルスクールでマルチリンガル(日本語・英語・中国語・広東語)の子育て奮闘記。

香港のローカル幼稚園の宿題について

幼稚園がはじまって大変なことベスト3に「プリント類が多い」を挙げました。

 

宿題もね、多いですね~。

 

多い!というのはよく聞きますし「多い」の概念も人それぞれだとは思うのですが、現実はこんな感じ。

 

宿題といっても、やらせれば一瞬で終わるようなもの。K1はさすがに塗り絵などの遊びだし。

 


f:id:monmishe:20181006133546j:image

 

この絵の中で同じものを○つけてねとか、同じものを線で結ぶとか。

 

たーだー、下の子がいたりすると取りかかるまでにいかなかったり、わちゃわちゃしすぎてそのほんのちょっとの時間を作るのが大変と思っちゃうんですよね。

 

宿題がたまると、精神的ストレスになるし。

 

これは、真っ先に終わらせるべし!です。

 

今日は土曜日の午前中に終わらせました☆

 

それも、塗り絵をしている娘のところにさりげなーく持って行ってやらせる感じ。

 

毎週毎週きちんとカリキュラムが組まれていて、今週は「我是______。」を学ぶとか先週は「我想上廁所。」のフレーズとかノートに書いてあるのでわかります。

 

それをネイティブではない我が家はきちんとフォローしてあげなきゃですね~~~~。

 

英語だけじゃなくて、中国語もー!!!

 

いよいよ親も忙しくなりました。

 

 

 

宿題はね、これは有り難いことなんですよ。

勉強っぽい幼稚園も、有り難い。

 

何故なら、3歳にもなると自分でワークブックとか購入して色々教えたくなりますよね。

習い事を検討したり。

 

それを、幼稚園でやってくれてる!

リトミックもやってくれる、言語も教えてくれる、知育もしてくれる、これって本当に香港の幼稚園に行かせて嬉しくなるところ。

 

しかも、ローカル幼稚園で~!

 

 

 

 

私はやっと体調が戻ったところで、正直海外での二人育児に限界を感じてきて、はじめて夫に「日本帰ろうか。。」と言いました。

 

あれ~前に俺が言ったら「なーんでそんなこと言うの~!!怒怒怒」って言ったじゃん笑と言われました。

 

ここ、踏ん張りどころよね。

 

いま帰ったら、必ず「あの時もう少し頑張っていらば、、、」って絶対思う時が来るから。

 

無心で踏ん張ります。

 

 

----------------------------------------- 

 

写真の画像の通り、くるりら使っています。

手が汚れないので外出先でも最適です。

くるくる出すのも子供が楽しそう。