香港のローカルスクールで日本語が綺麗なマルチリンガルを育てる!

香港で"日本語が綺麗な"マルチリンガルを育てる!

香港在住。2歳♀と0歳♂の30代ママ。ローカルスクールでマルチリンガル(日本語・英語・中国語・広東語)の子育て奮闘記。

癌ってやっぱりインパクトあり過ぎじゃない?

病気になってわかったこと。

 

本当にインパクト強すぎでしょ爆!

 

っていうか、みんなそんな顔しないで~!って感じ。

 

心配されても、いやちょっと待って!って感じだし、

 

心配されなくても、もっと心配してよー!って思うし、

 

これを信頼できる方に言ったら

 

「めんどくさーい」

 

って言われました笑

 

 

 

それで、あんまり直接言えた人って実は少ないのですが、

 

癌って言われた人ってこうなるんだな~って思いました。

 

必要以上に元気に振る舞う!

 

必要以上に明るく振る舞う!

 

私は実際無症状で元気なんですよ。

 

大体、卵巣癌は症状あったらもう手遅れと言われているしね。

 

 

でも、周りがあんまりにもこうだから、

 

「っていうか元気だよ!すっごく元気だよ!」

 

と明るく言うようになるんです。

 

 

 

 

 

 

そうするうちに今度は弱音を吐けなくなるんです。

 

不安とかを言うと、周りを巻き込んでしまうでしょう。

 

だから、病人の私がしっかりしないといけないんです。

 

 

 

おかげで、一ヶ月前に手術したように見えないし、

 

産後は

 

私産後~~~!!!!!!

 

って疲れや不調をアピールして文句も垂れられるのに、

 

 

もはやそれもためらう。

 

っていうか、手術したのバリバリ産後4ヶ月目。

 

この間、息子の四ヶ月検診に行ったら、

 

「お母さんの身体はいま大仕事をして一生懸命リカバリーしているんです。」

 

って親身な感じで保健師さんが話していたけど、

 

いや、もう産後のことなんてこれっぽっちも無いわ!

 

むしろ退院後の回復に集中していたから、

 

いますっごく体調良い!!

 

産後なんてもう何ともない!みたいな。

 

とりあえず、

 

このいまは病気についてもたくさん吐き出させてください。