香港のローカル幼稚園で日本語が綺麗なマルチリンガルを育てる!

香港で日本語が綺麗なマルチリンガルを育てる!

香港在住。3歳♀と0歳♂の30代ママ。卵巣癌サバイバー。ローカルスクールでマルチリンガル(日本語・英語・中国語・広東語)の子育て奮闘記。

Amazonで買い足した日本語絵本

娘は本がだ~い好きなのですが、

 

最近は内容のある本を読んでと良くせがむので、

クリスマスプレゼントの為に義両親からいただいた

お小遣いで、本を買い足しました。

 

今回はこちら。

 

f:id:monmishe:20180106182738j:plain

 

絵本はずーっと、

妊娠中から集めていますが、

一冊一冊、

すごく丁寧に選ぶようにしています。

 

monmishe.hatenablog.com

 

中でも、

最近いいなと思ったのは、

「世界名作ファンタジー

300円台で、

日本昔話や、イソップ物語グリム童話などを

簡潔に読むことができます。

 

簡潔ってとっても大事!

 

特に2歳くらいの今の時期は、

私は書いてある文字は読まずに、

自分の言葉で読んであげています。

 

次のページに行きたいとか

もう一度前のページに戻りたいとか

それはそれは自由に読みますし、

物語の盛り上がり部分だけ要求する日もあります。

 

だから、飽きないでささっと終わるのが

大事。

だけど、

どんな内容かは理解できる。

 

日本人としての

基本というか、

教養というか、

 

例えば、

一寸法師」という単語が会話に出た時に、

何それ?と思う子になって欲しくないです。

 

海外で育ったなら、

知らないよね、と言われないように。

 

「海」と聞いたら

「う~みはひろい~な~」と歌えるような子がいい。

 

帰国子女の芸能人が、

両親が日本人なのに

「おせちって何?」

っていう発言を聞いた時に

すごく衝撃を受けたんです。

 

やっぱり、親がちゃんとやらなければ、

知らなくて当たり前。

 

なので、

少し前に

この世界名作ファンタジー

 

「おむすびころりん」と

「ももたろう」を買ったのですが、

 

娘は2冊とも大好きです!

 

ももたろうの歌も歌えます。

 

だから、次は何にしようかなと思った時に、

紛らわしい”太郎系”(金太郎、浦島太郎)と

”昔々おじいさんとおばあさん”系を省いて

娘が喜びそうなみつばちマーヤにしました。

 

きっと喜ぶな~

(いまお昼寝中・・・)

 

まだ他にも買ったので、

早く届かないかな~~~

 

おむすびころりん (世界名作ファンタジー22)

 

ももたろう (世界名作ファンタジー21)

 

みつばちマーヤ  世界名作ファンタジー (29)

 

 

monmishe.hatenablog.com