香港のローカルスクールで日本語が綺麗なマルチリンガルを育てる!

香港で”日本語が綺麗”なマルチリンガルを育てる!

香港の新界(ニューテリトリー)で1歳の女の子を育てている30代のママです。ローカルスクールの情報、香港の幼児教育について。

結婚4年、子育て2年、新米ママが感じたこと

海外で暮らすこと

香港在住日本人には、駐在員、経営者、現地採用、ワーホリ、留学等あります。香港はアジアの中でも警察や政府が比較的しっかりしているのもあり、ビザが厳しいのでノービザで長期滞在は事実上不可能です。

 

深センから来た新参者

私たちは香港のお隣、中国は深センに数年住んでいて香港へ進出してきたカップルです。

香港在住日本人の中では比較的若い方でした。

深センと香港なんて都内と郊外みたいなものです。

深セン時代から、香港に友人もいましたし、週一で香港へ出ていました。

 

深センより香港がナウい

深セン住まいの自分達は(私だけか)なんというか、コンプレックスを抱えていました。 

香港から中国へ抜けると、もう別世界なんです。

何もかもが違う。

だけども、住めば都だったかな、それなりに楽しかったです。

毎日イライラして泣いていたけれど。

 

香港進出時に散々脅された

香港へ進出する前に、ビザは取りにくいだの、家賃は高いだの、応援よりもおせっかいの方が多かったかな。

希望に燃えている若者(当時。笑)には、全く必要ないんですよね。そういう言葉。

 

がんばれ!でいいじゃんて感じでした。

 

子育てもそう

先に親になったからって、何でもアドバイスできるもんじゃないんです。

だって、こどもによって人それぞれ。

子育てが大変なのもわかっている。

色々犠牲にするのもわかっている。

 

でも、同じ時間を使うなら、

子育ての素晴らしさを共有してくれたらいいのに?

子供がいてしあわせなんでしょう?

 

大変さを共有してくれるのも勉強になる。

だけど、心が明るくならないマイナスな話は全く面白くない。

 

引っ張られたくは無いけど、少なからず心には残っていました。

 

私だったら、どんな場所に行こうとしている人がいても(渡航規制がでていない限り)応援したい。

子どもを持つことの素晴らしさを伝えたい。

 

リスクマネジメントなんて自分達でできる。

 

香港の住みやすさ

香港は外国人にとって本当に住みやすいです。

海外で日本人を見つけた!って番組が大好きなのですが、みなさん本当に苦労している。

中国に住んでいるときは「あ~みんな頑張ってる涙」って励みになり、それに比べてここはまだこれができると思っていました。

香港に引っ越して来てからは「あ~こんな生活で海外生活気取ってるなんて申し訳ない」と思うくらい日本の生活と変わりません。

日本の生活レベル(主に食)を維持しながら、外に出れば世界で一番大好きな香港♪みたいな。

 

日本には当分帰りたくないなぁ~