香港のローカル幼稚園で日本語が綺麗なマルチリンガルを育てる!

香港で日本語が綺麗なマルチリンガルを育てる!

香港在住。2歳♀と0歳♂の30代ママ。卵巣癌サバイバー。ローカルスクールでマルチリンガル(日本語・英語・中国語・広東語)の子育て奮闘記。

香港の公立病院で妊娠&出産

香港で産まれた日本人の出生届ー出生登記所と領事館へ

退院時に出生届を提出 頑張って香港で産んだ醍醐味!はやっぱり出生届提出もその一つ。これから香港で暮らす場合、しょっちゅう提出を求められる出生証明はわざわざ日本の戸籍取り寄せて領事館で発行という手続きを取らなくて済むので楽です。香港の出生届は…

母体に響く!香港では退院数日でまた病院へ行く噂は本当だった

産褥期とは?状態 中華圏は日本よりも産褥期への対応が濃いような気がします。水を触らない=歯を磨かないくらい聞いていたのですが、、、退院後、連日病院通い!!!monmishe.hatenablog.com 入院前の保健所検診で 退院したら次の日かその次の日かに保健所…

支払いは一万円以下!香港の公立病院で帝王切開した費用と入院日数

支払った費用 実際何日で退院? 入院後、院内での説明 帝王切開手術の日(入院2日目) 手術の翌日 入院3日目 入院4日目 気になる手術の考察 支払った費用 母親 555HKD 子供 120HKD 合計 675HKD 14円換算すると9,450円1万円を切…

産後メンタルの対処法はしっかり寝て頭を空っぽにすること

出産レポ中ですが、ちょっと書きたいことがあったので・・。 産後メンタルについて。 「産後うつ」とか聞いたことがありますが、実際はどんなものかわかりませんでした。 ただ生理前とかはこの世の終わりぐらいに落ち込むこともあるし、全く何もない月もあり…

香港の公立病院で帝王切開!生々しい当日の様子をお届け

日本と色々違った 2015年に出産をした娘の時は日本での予定帝王切開、2018年の今回は香港で反復帝王切開をしました。 monmishe.hatenablog.com 国の認識の違いで予定を組むまでに大変苦労しました。 // 日本と色々違った 悪名高い公立病院 日本が安全とも限…

香港で出産を決断!前日入院していよいよ公立病院で産む

公立病院へ入院! 第一子は日本にて帝王切開で出産。第二子は今回香港にて同じく帝王切開で出産しました。日本では、産後の豪華ディナーの出る病院で出産し、今回香港では公立病院で出産しました。初産だったら勇気が出ないです!今回は長女もいましたし、長…

香港の公立病院で帝王切開をするには希望は通る?安全性は?

帝王切開の認識の違い 私は2015年に娘を帝王切開で産みました。日本では、一度帝王切開をすると二度目も必然的に帝王切開になる産院がほとんどだと思います。それが私の"当たり前"、"常識"でした。今回も帝王切開でしたが、手術の予約にこぎつけるまでにそれ…

香港の産前検診は無料!検診方法についての感想と総合評価

香港での妊婦検診(公立病院で産む) 私の妊婦検診 通ったのは保健所と公立病院のみ 良かったこと 悪かったこと 総合的な感想 monmishe.hatenablog.com保健所と病院に通うこと、主に保健所の役割については上記記事をご参考ください! 香港での妊婦検診(公…

公立病院での帝王切開から生還!無事に第2子が誕生しました!

取り急ぎご報告です!第二子が無事に誕生しました。私も生還いたしました。←大袈裟?笑今回は香港で出産いたしまして、色々怖かったり、色々興味深かったり・・・ 結果としては、公立病院は色々と言われたりしますが、総合的にとても満足し、とても感謝していま…

臨月までもう少し

臨月まであと少しです。 結局、今回は香港で産みます。 (もう飛行機に乗れないし~!笑) 今回も卵巣嚢腫合併妊婦なこともあり、 日本での出産も選択肢にはありました。 monmishe.hatenablog.com ただ、娘の受験もあったり、 香港マニアとして香港で産んで…

卵巣嚢腫と私。

妊娠中の卵巣嚢腫

香港領事館の母子手帳は見たことがない大きさとデザイン

香港の日本領事館で母子手帳をもらう。

第二子を妊娠!香港で妊娠した時にまずやること。公立病院編

香港で妊娠したら 異国での初めての妊娠は、何にもわからずとても不安になりました。その時は先輩ママのブログなどが何より頼りになりました。保健所と公立病院で検診をし、公立病院で出産をしました。結果として非常に満足し、感謝しているお産となりました…